にきび跡に!ビーグレンのハイドロキノン配合クリームがすごい

色素沈着でシミになってしまったニキビ跡には美白ケアが出来る化粧品が有効です。

美白に現在最も効果があると言われている成分がハイドロキノンです。

ハイドロキノンは色素沈着したニキビ跡にも使う事が出来ます。

しかしこのハイドロキノンは効果的に肌の奥まで浸透させる技術は非常に難しいと言われ、ハイドロキノン配合化粧品を販売している会社でも「美白に効果がある」と言い切っているメーカーはほとんどありません。

ビーグレンは独自の浸透技術を使って難しいとされたハイドロキノンを肌の奥まで届ける事に成功した、数少ないメーカーです。

▼色素沈着したニキビ跡に使えるハイドロキノン化粧品▼


ハイドロキノンって安全?

ハイドロキノンは皮膚科でも処方されている安全性の高い美白成分

美白成分には肌への負担が高いものもあり、カネボウの白斑問題も話題なりました。

ハイドロキノンは皮膚科でも取扱いのある美白成分で、安全性が確認されています。(皮膚科で処方してもらえますが保険適用外なので、費用は高額です。)

安全性は確認されていますが、使い過ぎる事で肌の炎症を起こす事もあるので使用容量を守る事が大切です。少量でも十分効果を発揮する成分です。

ハイドロキノンの注意点

にきび跡に!ビーグレンのハイドロキノン配合クリームがすごい

色素沈着ニキビに使えるハイドロキノンですが、肌に浸透しにくいなどといった欠点があります。

ハイドロキノンの問題点

  1. 肌に浸透しづらいので肌の奥まで成分が到達しない
  2. 高濃度で配合すると刺激が強くて肌が荒れる場合がある
  3. 酸化しやすく、安定しない

ハイドロキノンの問題点を解決したビーグレン!

今までハイドロキノンの問題点とされたこの3つを解決したのが、ビーグレンの浸透テクノロジー「Qusome」。国際特許を取得している技術です。

この特許取得のQuSomeによって次の事が実現しました。
  1. 最大10倍の浸透
  2. 効果が現れる時間を半分に
  3. 安全性が高くなり、肌への負担が1/4と軽減


ビーグレンは肌への負担が少ないより高い効果が期待できる、非常に優れたハイドロキノン化粧品だと言えます。

▼色素沈着したニキビ跡に使えるハイドロキノン化粧品▼


ニキビ跡ケアにはハイドロキノンクリームのみの使用がおすすめ

にきび跡に!ビーグレンのハイドロキノン配合クリームがすごい

ビーグレンには美白ケアに特化した、ハイドロキノン配合のスキンケアシリーズがあります。

シミやくすみに悩む方に人気のシリーズですが、ニキビトラブルが多い方の場合は、普段お使いのニキビ基礎化粧品に加えて、ハイドロキノン配合のQusomeホワイトクリームを追加で使う事をおすすめします。

ビーグレンにはニキビケアに特化したスキンケアセットもあるので、そちらにハイドロキノンクリームを追加してみるのも良いでしょう。どちらも肌に合わない場合の全額返金保証付きなので、安心して使えます。

色素沈着ニキビにおすすめ!ハイドロキノンクリーム単品

ハイドロキノン配合のQusomeホワイトクリームの詳細 >>

基本の肌のお手入れに!ニキビケアのトライアルセット

ニキビケアプログラムの1週間トライアルセット >>

(ニキビケアプログラムにはハイドロキノン配合クリームは含まれていません。)

関連記事

 

ビーグレンは【リピーター率の高い】成分濃厚のニキビ化粧品

色素沈着したニキビ跡。年齢が行けばいくほどなんだか濃くなっているような気がしていませんか?ニキビ跡といっても様々な種類がありますが、コンシーラーで隠しに隠さないといけないのがこの色素沈着したニキビ跡ともいえます。このニキビ跡に皮膚科でも取り扱っている成分を高配合し、コストも低コストに抑えている今話題沸騰中、メディアでもよく取り上げられているのが、ビーグレンのハイドロキノン配合クリームです。何に効くかを考える前にまずなんで色素沈着したニキビ跡って出来るのか本当にご存知でしょうか?先ず色素沈着したニキビ跡とは炎症そして化膿があった後に赤色や紫色そして薄茶色になる跡のことです。ヘモグロビンが色素沈着の理由になっていることもあれば、なんとメラニンが原因のこともあり、同じニキビ跡といっても様々な原因で跡の色は決まっています。しかしどれを見てみても、ニキビ跡は化粧ではなかなか隠せず、(男性にいたってみれば化粧さえ出来ませんよね。色素沈着型のニキビケアと言うのは本当に専門家しか治せないと今までは言われてきました。皮膚科に行くと有名なところではハイドロキノンを出してくれるところもありますが、何せ高額。だって保険が効きませんから。皮膚科に通い続けるのも大変ですし、貰えるハイドロキノンは少量。又、ハイドロキノンは浸透性が悪く、皮膚科のものは刺激も強いと言われています。

それに対して解決してくれたのは陥没型のニキビ跡ではなく色素沈着型のニキビ跡に注目したのがビーグレンのハイドロキノン配合クリーム。このクリームの画期的なところは今あるシミ(ニキビ跡)を薄くすると言うことに注目した点と言えましょう。
普通のニキビ跡クリームは実は予防のためのもので今ある茶色いシミやニキビ跡を治そうとしているものではありません。このビーグレンのハイドロキノン配合クリームはハイドロキノンをふんだんに使った画期的な商品で、普通のニキビ跡の治療薬とは全く違います。メラニンが原因になっているニキビ跡にハイドロキノンで美白していくという効果があるのです。さらに国際特許を取得した浸透テクノロジー、キューソームで短時間で効果が見え浸透率も10倍という結果も出ています。刺激をゆるくしているのもこの技術のおかげです。メラトニンが原因のニキビ跡やシミにはビーグレンを使うのが今の化粧品の中では一番高性能といえます。