皮膚科で処方されるニキビ薬にはどんなものがある?

大きく分けると皮膚科でもらえるニキビ薬には飲み薬、塗り薬がありますが、その中でも効能・効果別に分けると抗生物質、抗炎症、皮脂分泌抑制、抗ニキビ、ビタミン剤があります。

抗生物質

ニキビの原因菌の一つであるアクネ菌が繁殖した際に繁殖を抑えることが出来ます。

効果としては即効性があります。しかし、対処療法であり、ニキビの根本的な治療にはなりません。

カンジダ症や肝機能障害、胃腸障害などの副作用もあります。

また、抗生物質特有ですが投与を続けることで細菌が薬剤に対して耐性を持ってしまうので、長期間同じ薬剤は使用することが出来ず、もしも耐性を持ってしまった場合はその薬剤は効き目がなくなってしまいます。

抗炎症剤

こちらも対処療法であり起こってしまった炎症を鎮めるための薬であり、ニキビ予防などとはまた異なってきます。

皮脂分泌抑制系の薬剤

女性の場合はホルモンバランスの乱れにより、過剰な皮脂分泌に繋がってくるためホルモン剤が使用されます。

抗ニキビ薬

塗り薬があり、ニキビの進行を抑える薬です。

ニキビは元々、目には見えないとても小さな毛穴のつまりから始まります。抗ニキビ薬を使用するとその毛穴のつまりを取り除くことが出来ます。

ビタミン剤

ビタミン剤を摂取することで皮膚組織のターンオーバーを早めることが出来、肌の新陳代謝を高めます。

ニキビ治療に使用されるビタミンの種類はビタミンB2、B6、Cが挙げられます。ビタミンの種類によっても効果は異なります。

ビタミンB2は脂質の分解を助けます。

脂質の取りすぎによりニキビが出来てしまう場合もあります。

そういう人にはビタミンB2を摂取することでニキビを予防、抑制することが出来ます。

ビタミンB6は肌の新陳代謝を正常化して、肌にハリツヤを出すように助けます。

また、摂取することで女性ホルモンを整える役割もあるのでホルモンバランスの乱れや生理の周期などから出来るニキビ予防に効果があります。

ビタミンCは抗酸化作用があり、ニキビを予防することができます。

また、他にも皮脂分泌抑制作用や抗炎症作用、コラーゲン生成促進などの効果もあります。

一般的に皮膚科で処方してもらう薬剤は薬局などで購入できる薬剤より薬の含有成分が多く、保険が適応されますので薬の値段として比較すると安価になります。

なので一度にきびに悩まれるのであれば思い切って皮膚科に行くのもおすすめですよ。

>>ニキビ119番TOPへ戻る


皮膚科で処方してもらえるニキビ薬:ニキビの薬には色々な種類のものがあります。薬局で買えるものや処方箋が必要なものなど様々です。